家を造っていく、という事

 

先週末に行った琵琶湖のほとりの家がまだ気になっています。もし自分が仕事でリタイアした時とかにあのような自然に囲まれた中で生活するというのはとっても豊かなのではないでしょうか?都会の中、ビルに囲まれてかっこよく生きるのもいいのですが、でも自然の中でゆったりと生きていくのも素敵だと思います。もしくは今、老後のことを考えるよりも、今の生活の中でゆったりと週末だけでも過ごすのも良いのかなぁ、なんてお思います。週末だけ田舎暮らしをするのって良いですよね。そう思い始めるとあれこれ調べたくなるのが私の性格。昨日もTSUTAYAに行って田舎暮らしの雑誌を立ち読みしていました。田舎暮らしをされている方は結構若いうちに家を買っておかれる方が多いみたいですね。その家を何年もかけて修復して、良いタイミングが来たら引越しをしている人もいるみたいです。自分で家をつくるという感覚、素敵だと思いませんか!?私も老後のために家を買うのではなくて今の自分のために家を買い、それを何年もかけて自分らしく、家を住みよくしていく、そんな生活をしてみたいと思いました。