北海道のお土産といえば、コレ!

北海道のお土産で、北海道限定スイーツの中で、私は六花亭のバターサンドが一番好きです。ラムレーズンバタークリームがとしっとりとしてクッキーの中に挟まれていて、口の中にそのクッキーを入れると、バタークリームがサラッと舌の上で溶けだして、その後にフワッと香るラムレーズンの風味。本当に大好きなスイーツで、北海道出身の人が帰郷する際や、北海道に旅行に行く人にお金を渡してわざわざ買ってきてもらう事があるくらい好きです。例えばデパートや大型のショッピングモールで北海道展などやっている時はやはり足を運んで六花亭のコーナーでこのスイーツを買ったりします。六花亭のバターサンドはそれほど珍しくもない、北海道の定番のお土産ですが、何度食べても私は新鮮なおいしさに驚きます。面白い感覚ですよね。六花亭ではもちろんバターサンド以外にもスイーツを販売していますが、でも私にとっての六花亭はバターサンドです。これを書いていると、なんだかとってもバターサンドが食べたくなってきました…!!

 

 

冬の雨

雨の一日です。梅雨の時期とは違うこの冬の雨というのは、本当になんとも重い気分になります。寒さと風の冷たさと…。冬の雨ほど人の心を寂しくさせるものはないと思います。そもそも本当に寒い国では冬には雨は降りません。冬に降るものは雪ですから。雪国ではもちろん雪は歓迎されません。その代わりに雨が降ると嬉しくなるかもしれません。何といっても雪が降るという事は気温が0度以下。つまりとっても寒いという事。でも雨が降ると気温はマイナスではないので、雪国に住んでいる人からすれば暖かい、という事です。実際にロシアなどの寒い国では一日の最高気温が-5度、という地域もあるので、そのような地域の人たちからすれば雨が降ると温かく感じるらしいです。人間の感覚の違いって恐ろしいですね!でもそんな冬の国の人たちでも雨が降った後、再びそれが凍ったら道がツルツルとして危ないと経験上知っているので、雨を歓迎しない人も中には当然います。日本ではそんなことはあまりありませんが…。

 

髭が濃いとお悩みの方へ

アラブ圏では男性はひげを生やしておかないと一人前に思われません。アラブ圏でなくともひげは男らしさの象徴、と捉えられることが多いでしょう。髭が濃いと男性ホルモンが豊富に感じられ、それが男らしさの象徴とされるのでしょう。でも現代人の価値観は様々です。髭が濃い人は苦手、という女性もたくさんいます。髭が形よく生えていればいいのですが、あまり形よく生えていない…、と悩んで男性用のエステサロンに駆け込む方もいます。最近はメンズエステ、というものももてはやされていますから。近頃のメンズエステでは髭が濃い人のためのコースが用意されているところも多く、そこに助けを借りて髭の形を整えたり、ひげの永久脱毛をしたりする方も増えてきているとか…。ちょっとひげが気になっている方はそういうところを利用するのもいいかも知れませんね。ひげ脱毛倶楽部|費用・人気を徹底比較!髭に悩みを持っている方って結構多いのだそうです。毎日の髭剃りの際に皮膚を傷つけてしまう…とか、皮膚がカミソリ負けしてしまう…などのお悩みはメンズエステに行くと解消されるように思います。